本文へジャンプ

診療科からのお知らせ

毎年糖尿病人口の増加が報告されています。本邦において現在約1,820万人の患者さんが、糖尿病もしくは糖尿病予備軍と言われています。現在内科領域ではメタボ対策ということで、糖尿病の発症を抑えるよう試みがされています。

この糖尿病の眼科に於ける合併症の一つに糖尿病網膜症があります。

現在本邦での失明原因第2位で、眼底に出血・白斑・網膜虚血・硝子体出血・網膜剥離を起こす病気です。少々の眼底出血や網膜の虚血があっても、患者さんにとって自覚症状はありません。放置すれば、硝子体出血や網膜剥離を起こし失明します。この時点でいくら手術をしても、完全な視力の回復が望めないことが多いです。このような状態になる前に、適切な時期にレーザー治療を行うことにより、失明を回避する事が出来ます。糖尿病網膜症も早期発見・早期治療が原則の疾患です。

糖尿病と言われたら「見えてるからいいや。」と言わずに、眼科の検診を必ず受けて下さい。また定期的な眼底検査を受けて下さい。

  

診療内容や特色

診療理念

患者さん一人一人が最大限満足していただける医療の提供

スタッフ

常勤医師、非常勤医師(2名)、視能訓練士(2名)、看護師(1名)、受付事務(1名) 

専門分野

網膜硝子体手術、白内障手術

  

診療実績(症例数・手術件数)

手術症例

年間約300例の手術を施行しております。

機器・設備等
  • 硝子体・白内障手術装置(アキュラス)
  • 手術用顕微鏡(ライカ)
  • 眼内レーザー装置(コヒーレント)
  • その他

  

医師紹介

医師名・役職

専門医・認定医等

その他

塩谷  滝雄
副院長
眼科部長

日本眼科学会 認定専門医



  



澤田  明

日本眼科学会 認定専門医、指導医

  

田中  大貴

  

  

※全ての医師、資格が掲載されているわけではありません。

診療科案内

メニュー

医療法人社団 誠広会
平野総合病院
〒501-1192
岐阜市黒野176番地5
TEL:058-239-2325(代)

ページの一番上へ