本文へジャンプ

概要

当センターは、岐阜市内5番目の透析施設として昭和53年6月に開設されて以来、腎不全における血液透析のみならず在宅にて治療可能な腹膜透析(CAPD)療法、ブラッドアクセスの非手術的修復術(PTA)等を積極的に行ってきています。また、農薬・薬物等による急性薬中毒や、SLEなどの自己免疫疾患、肝不全、高ビリルビン血症や家族性高脂血症など、個々の症例に合わせた、あらゆる体外循環療法に対応してきており、この分野では県下の中心的役割を担ってきています。

透析フロア

さらに、平成16年1月12日、「平野総合病院21世紀戦略」の一環として、多様化する医療環境の変化に対応する事はもとより、患者さんのライフスタイル、症状に合った最適な治療法を、「迅速かつ安全」に提供しうる事を目的に、東館4階に血液浄化センターがリニューアルオープンしました。

特に、今回のリニューアルは、最先端の医療機器の設置は元より、患者さんのアメニティーを充実させ、「広く、明るく、清潔」な治療環境を提供しうるものと期待いたしております。

血液浄化センター
      センター長  高田 信幸

施設

透析フロア

<血液浄化センター述べ床面積>        614.32㎡

  

<透      析      ベ      ッ      ド>

・血液浄化センター                                 26床

・個室(特殊治療)                                   1床

・西館3F HCU                                   1床  計 28床

スタッフ
  • 医            師:    4名 (日本透析医学学会認定医 1名)    非常勤 3名
  • 臨床工学技士:    4名 (透析技術認定士 2名、 呼吸療法士 1名、 アフェレーシス技術認定士 1名)
  • 看    護     師:  12名
  • 助            手:    1名

 

診療時間

 

施設認定

 

現在使用している機器
dab-nx
dab-nx
ahi-502
ahi-502
bhi-502
bhi-502
fc-re RO装置
fc-re RO装置
dcs-100nx
dcs-100nx

施設案内

メニュー

医療法人社団 誠広会
平野総合病院
〒501-1192
岐阜市黒野176番地5
TEL:058-239-2325(代)

ページの一番上へ