本文へジャンプ

睡眠時無呼吸症候群における検査について

「睡眠時無呼吸症候群とは」

      


「日本の潜在患者数は300万人以上!?」

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。


「症状について」

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのもの。

その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。


「いびきだけじゃない!こんな症状はありませんか?」

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状をご紹介します。

自覚症状の感じ方や程度には個人差がありますから、可能であれば寝ている間のことについてぜひご家族やパートナーにきいてみてください。

「ちょっと疲れているだけ」、「いつものこと」で終わらせず、日常生活を振り返ってみましょう。

さらに詳しくチェックするには、セルフチェックをご活用ください。


(寝ている間)

  • いびきをかく
  • いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  • 呼吸が止まる
  • 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • むせる
  • 何度も目が覚める(お手洗いに起きる)
  • 寝汗をかく


(起きたとき)

  • 口が渇いている
  • 頭が痛い、ズキズキする
  • 熟睡感がない
  • すっきり起きられない
  • 身体が重いと感じる


(起きているとき)

  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中力が続かない
  • いつも疲労感がある

「もしかしたら?」と思ったら、早めの受診が肝心。

自分では気付いていなくても、ご家族や友人・同僚などからいびきや居眠り、寝ている間の無呼吸を指摘されたら、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑ってみることも必要です。ご家族やベッドパートナーと一緒に受診する方も多くいらっしゃいます。寝ている間の自分ではわからないことだからこそ、周りからのアドバイスが貴重なのです。「疲れているから」、「いつものこと」で済まされない事態を招いてしまう前に、早めの対処が大切です。


      


「検査について」

まずは問診から

ここで重要なのは、起きている間の自覚症状や生活状況について医師に伝えること。昼間の眠気の自覚のほか、既往歴や体調変化、SASに特徴的ないびきの有無などの情報が診療に役立ちます。

自宅や医療機関で睡眠中の状態を「検査」

問診の結果SASの可能性が疑われる場合には、具体的な検査へと進みます。専門施設で入院検査をする場合もありますが、自宅で普段通りに寝ながらできる検査から始めるケースがほとんどです。仕事や日常生活に支障を来たさずに検査を受けることができます。


■ 簡易検査

検査外来費用:2,500円前後

測定方法      :宅急便で自宅に測定器が来て、本人自身で装着します

結果報告      :2週間

            

申し込みして4~5日で測定器が宅急便で自宅に届きます。説明書の内容を確認しながら自分でセンサーの装着・測定器での検査を行います。1回目の検査で不都合があれば2回目も消耗品が準備されていますので2回検査が可能です。測定が終了したら同封の宅急便(無料)に連絡して測定器を回収して下さい。


自宅で手軽にいびきや呼吸をチェック

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。

多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。

主に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と、気流やいびき音から気道の狭窄や呼吸状態を調べる検査とがあります。検査の内容によって費用も異なるので、詳しくは当院受付までご相談下さい。


「簡易検査の結果でより詳しい確定診断が必要とされた場合」

■ 精密検査 入院検査(1晩)

検査入院費用:4万円前後

検査日         :水・木曜日の夜

結果報告      :2週間

                     

お風呂・夕食を済ませて午後6時前後に来院して頂きます。外来で入院説明して頂き、個室に入院します。

午後7時前後に担当技師が測定器を装着します。おでこ・あご・指にセンサーを装着。胸・腹にもバンドで呼吸センサーを装着し測定機器にケーブル接続します。翌日朝6時に測定器を抜去します。朝食希望の方(有料)は7時30分前後に食事して退院して頂きます。


「検査と治療にかかる費用」

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療には、健康保険が適用されます。

治療については、もっとも普及している「CPAP治療」で、月額で4,500円程度です。


「治療について」CPAP療法」

CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。


「まとめ」

自分の状態と治療の意義を理解することが大切

多くの場合、SAS治療とは長い付き合いになります。

だからこそ、治療を始める前に自分のSASの重症度をきちんと把握しておくこと、治療の意義を十分に主治医と話し合っておくことが大切です。ご家族やベッドパートナーの理解も心強いでしょう。

治療方法には、症状を緩和させるもの(対症療法)と、根本的にSASの原因を取り除くもの(根治療法)とがあり、いずれも個々の患者さんの状態に合わせて最適な治療方法が選択されます。一概にどの治療方法が優れているということはなく、重症度や原因に応じた治療方法が適用されます。


治療とあわせて生活習慣も改善

治療方法に加えて、生活習慣の改善が必要になるのは言うまでもありません。肥満気味の方の場合は首・喉まわりの脂肪が気道を狭くしている可能性がありますので、減量も治療の一環になります。

また、鼻づまりや鼻の諸症状で鼻呼吸がしにくい場合には、まず鼻症状の改善から取り組む場合もあります。

診療科案内

メニュー

医療法人社団 誠広会
平野総合病院
〒501-1192
岐阜市黒野176番地5
TEL:058-239-2325(代)

ページの一番上へ